育児

産後クライシスって何?実体験や乗り越える方法を伝授!

産後に仲が悪くなっちゃって

最悪離婚。なんて聞いたことありませんか????

子どもが産まれてからなんだか夫婦の距離感が変わってしまった。とか。

そんな風にならないために、今日は産後クライシスというものをお伝えして参りたいと思います!!

こら!!!!そこの男子ぃ!!!!!

また耳が痛いこと言われると思って閉じようとしたな!!!

これめちゃくちゃ大事なことだから!!我慢して読んで!!頼む!!!

こんな方におすすめ!!
  • 妻が妊娠中の夫婦
  • 言葉は知っているがどんなものか知らない
  • 産後クライシスにならないように予防したい
  • 実際はどんな風だったのか知りたい

産後クライシスとはなんぞ?

なんぞ?????

なんぞ?って事なんですけどもね。(しつけーな)

出産を機に、良好な夫婦の関係が急に悪化する状態を「危機(クライシス)」と捉えた言葉なんです。

すっごい仲よかったのに子どもが産まれてからなんだか不仲・・・

という状態の事です。

さて、早速こちらの表を見ていただきましょう。

出典:読売新聞Web

みて分かる通り、女性は出産してから夫への愛情はガクッと減るんです。

ここでよく耳にするのが

愛情が赤ちゃんの方にかなり移行してしまったからだ。

まぁもちろん全くないとは言いませんが

それよりも問題は旦那さんに原因があるとみて間違いないです。

100です。いや1000000%です。

なんでかということを説明していきますね。

どうして原因は旦那さんだと決めつけるのか

男性諸君、考えてみてください。

いや、君たちは一生訪れることも無いことだから想像しにくいのは分かるのだが

どうか少しだけ、想像を膨らませて欲しい

まず、10ヶ月の間自分のお腹で大切な人との子どもを育てるということ。

お腹の中に、自分よりも大切な人間がいるのです。

辛いつわりや、生きているかどうかの不安、赤ちゃんのことを一番に考えた生活。

結構ここまででも神経使います。どうか無事に産まれてきますように、と

願いながら一日一日を過ごしていきます。

お腹も重いです。内臓は圧迫されて気持ち悪いし、寝にくいし、動きにくい。

そんな困難を乗り越えてもまだ大イベントの出産があります。

聞いたことがありますでしょうか?出産は交通事故にあったぐらいのダメージなんです。

それはそうでしょう。あんな狭いところから出てくるのですからね。

死ぬほど痛い陣痛に耐えて耐えて、股を切ってやっと産まれた。

君らでいう、オケツと宝物の間をハサミで切るって感覚よ。

想像してごらんよ。ヒュンヒュンするでしょ。そんな感じ。

そこを針と糸で縫い合わせます。骨盤も歪みまくりで歩きにくいです。

何より痛い。治るのに結構かかります。

なのに!!!!!

もう1日後くらいには赤ちゃんとずっと一緒なんです。休む暇などない

3時間ごとに授乳。じゃあ3時間寝れるやんとか思うやん。違うからね

最初から乳は出ないんです。吸わせてたら出てくるようになるので、まず出ないのに吸わせる作業。

それが終われば今度はミルクを作ってあげる。飲ます。洗う。おむつかえる。

部屋に戻って子と寝るが一緒の時間で寝れる訳ない。泣けばあやす。

そんなことしてたら3時間なんてあっという間に過ぎていく。寝れて30分〜1時間が妥当でしょう

それが何ヶ月も続いていくのさ。

分かるか、諸君

寝れないのはキツいんよ。睡眠出来てないとメンタルもやられていくのよ。

頭働かない、でもこの子は生かさなきゃいけない。必死なのよ。

ご飯やら洗濯やら掃除やら

無理なんよ。

こちらだって仕事が忙しかったり大変だったりするのは

大いにわかっているんや疲れているよね、ごめんよ。とわかっているのよ。

でも余裕がないのよ!!!!!!!!

身体はガッタガタ、なんで泣いてるかわからん、泣き止まない。寝れない。

ああああああああああああああああああああああああああ

ってなるんです。少し想像できましたか????

大切な旦那さんと自分の宝物。お母さんはみんな一番に考えるんです。

それなのに、家に帰ってくるなり

メシメシ、疲れた、部屋汚い、洗濯たまってるよ?????

なんて言われてみてください。

オメーがやれや

ってなっちゃいません?

もしくは、じゃあ実家に帰ったら?とか。俺に自由はないんか?とか。

言っちゃあかんぜよ・・・・

オメーの自由なんか後でいくらでもあるわい・・・

どうか自分の手が空いていたら、やって欲しいことはあるかとか

少し寝たら?とか、声をかけて欲しいです。

全妻からの願いです。

睡眠時間をください

仕事と家事育児を天秤にかけるのは違うと思うんです。

やはり昔ながらの考えで、女性は家を守り男性は外で働くとありますが

いつの時代を生きてんだって話ですよ・・・

時代は変わりゆくのです・・・どっちも大変よ・・・

産後の妻の声を聞くが良い

Twitterで現在産後で育児中の奥様から様々な声がありました。

少し紹介していきます。

こんな感じなんですよ。

悲しいことに、ニュースでもよくあるじゃないですか。

鬱になって自分の子を殺めてしまったり、自ら命をたってしまうこともあります。

軽くみてるかもしれませんが、重大なことです。

1歳になる頃には少し楽になってくるので、是非少し寄り添って上げて欲しいです。

もかぱん家の場合

じゃあもかぱんちはどうだったんだよってね。

まぁ

うまくいってなかったですよ

産まれて1ヶ月くらいは、私使いもんにならんから。なんもできんから。無理だから。

っていってあったので、家事等はうどんくんが担当してくれていました

文字通り私は何もしなくて済んだので、もうめっちゃくっちゃ感謝しています

ありがとおおおおよおおおお心の友よおおおおおおおおお

って思ってました。

うどんくんはお料理は得意ではないのでいつもチャーハンを作ってくれていました。

あとは買ってきたりとか、いいんですそんなんで。

こっちからしたら考えなくていいっていうだけでかなり助かりますからね。

なのでまぁ、1ヶ月くらいはうまくいってたんですが

その後からあまりうまくいかず、すごく喧嘩してました。

決まって私は、どうして面倒みてくれないの?と泣きながら訴えてました。

LINEで長文でブチギレたこともあったし、飛び降りたいってしょっちゅう言ってました。

私からしてみたら優先順位っていうのが一番が息子、二番がうどん、三番が自分。だったので

自分が好きな時に風呂に入ったりご飯を食べたり、他の部屋にいったりするうどんが羨ましくて仕方なかったんです。

どうして私だけこんな大変なんだろう、、二人の子どもなのに・・・って思ってました。

でも訴えても訴えても、あんまりわかってくれなかったんですよね〜〜〜〜〜

私の伝え方がいけなかったのかな〜とか。反省点は色々ありますね。

喧嘩してうどんくんのiPhoneをぶん投げて粉々にして家出した事件もありました。笑

パリンパリン。

この時は本当に離婚したい、死にたいと思って家を出ましたね〜

うどんくんには言ったことないけど。うどんくんブログ見てるけど。

イエーイうどんくん見てる〜???????????そうだったんだよ〜!😊

少し育児にも慣れてくると、なんで泣いているのかなとか

少しは想像できるようになってくるので少し楽になります。

睡眠時間も徐々に長くなってきます。寝れる時間も増えてきて、やっと落ち着いてきたなとなってからは

喧嘩という喧嘩はしてませんね。

やはり睡眠が大事です。睡眠命

つまりどういうことだってばよ???

つまり今までのことを踏まえて

産後クライシスにならないために必要な3つのことをお伝えします。

耳の穴かっぽじって聞いてください。

産後クライシスにならないための3ヶ条
  1. どちらが偉いとかないのでやれる方がやれることをする
  2. 育児、仕事どっちも大変。協力をしっかりしていく
  3. 声を掛け合っていく

手が空いている人が、できることをやりましょう!!

例えば、旦那さんが休みの日に少し見てもらって寝かせてもらうとか。

とにかく眠れないので寝かせてあげることが大事です。

少し余裕があれば赤ちゃんを見てもらっているうちに家事をするでもよし。

とにかく協力して育児をしていかないとどちらかが潰れてしまいます

基本的に女と男が分かり合えないのはわかっているので

寄り添って考えていきましょう。

まず奥様も察してちゃんはいけません男性は察せません

けど男性って言えば基本的にやってくれます。ましてや産後でズタボロの状態なので

きっと手を貸してくれます。

どうして欲しいのか、前もって伝えられることは少しでも元気なうちに旦那さんには伝えておきましょう

そして、頻繁にお互いに声を掛け合っていきましょう

何かして欲しいことはあるか?とか、これをして欲しい、とか。

言ってくれればやったのに!!!とかアカンよ。指示待ち人間になるな

君は会社でボーッと突っ立って怒られたら

「だって何も言ってくれなかったから!!!」

って言うんか?言わんやろ?

妻も日頃生理の時もしかり、産後なんかにメンタルが来るときに

産後(生理)なんだから仕方ないじゃないか!!!!!

とか言って、まぁそうなんだけどさ、分かるんだけど

男性も人間なのでガンガン責め立てたらかわいそうです。

なーーーーーんだよ!!もう!!!ほなもうやーらんぺ!!ってなっちゃいます。

ギャアアアアアアアアアアアア!!!!ってなってもいいけど

少し落ち着いたらちゃんと謝りましょうね。あと感謝の気持ちはしっかり伝える。そうやってお互い思いあっていれば

きっと少しは改善されていくのではないかな、と思います。

是非、参考にしてください!!!

とにかく一年が勝負なので、一年くらいは一生懸命協力して子育てしていきましょう

お仕事が終わって帰ってきたら、是非今日の子どもの様子を聞いてあげてください。

それだけで接する気持ちって変わってきますからね。

うどんくんにインタビュー

最後に、うどんくんにインタビューしてみました。

女性からの意見はいくらでも言えますが男性からの意見はわからないので。

もかぱん

産後仲悪かったやんね

うどん

え???そうだったっけ?笑

もかぱん

よく喧嘩してたやん。なんかこうして欲しかったとかない?

うどん

ない。

もかぱん

実はこんなこと思ってたよとか。

うどん

ないね。

ないそうです。

皆さんなんの役にも立たない旦那で本当にすみません。

妻として大変恥ずかしいでございます。陳謝。

なのでお得意のTwitterで探してみたところ

こうして寄り添おうとしている姿勢が大事です。

母親は神とまでは思わなくていいんですが(神じゃないし)

とにかく二人で、協力して、育児をする。ということがポイントです。

相手を思いやる気持ちが大事です。

お互いにね。

以上を踏まえて、思ったよりもすごく大変な育児を乗り越えていきましょう。

あのね、すっごく大変だから。協力しないとやってけないからね!!!

でも育児ってすっごく幸せだからね。

ABOUT ME
もかぱん
しゃちほこ県に住む20代。 1歳の息子と夫の三人暮らし。 鬼めんどくさがりでぐうたら人間。食べることが大好き。大好物はポテトサラダ。死ぬときは棺桶に詰めて欲しい。 育児、趣味、グルメ、ダイエット、 お得情報など皆さんの生活に役立つような色々なことを発信していきます。